最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

« 万年青 | トップページ | 海員閣 »

2007年7月16日 (月)

喜怒愛楽

藤沢駅から2-3分のところにある 決して目立たないビルの4Fにある いわゆる和風居酒屋である。

メニューは串揚げを中心に 佐島から入ってくる魚など結構充実している。
料理はみな一ひねり加えられて旨い。
特に お通しに出てくる キュウリなどは 単なるお通しを凌駕している。
キュウリ半分に 肉味噌がついてくるのだが この肉味噌がヤバい。
一気に飲酒モードに持っていかれる。
酒飲みは 肴のせいにしたいのだ。

佐島産の〆サバなどは さすがに美味いし 価格もリーズナブルだ。
自慢のレンコンの串揚げは 独自の食べ方をレクチャーしてくれた。

この店、酒を注文すると 運んでくる時必ず一言加えるのだ。
「最高においしいビールをお持ちしました」
「疲れなんか吹っ飛んでしまう程 おいしい○○のロックです」
最初は わざとらしく感じていたのだが、毎回満面の笑顔で自信満々に言われると 酔いも手伝ってか、
いつしか「ほんと? それはいいね」となってしまう。

一押しメニューが自家製のクリームチーズだ。
クリームチーズにメープルシロップがかかっていて、添えてあるクラッカーにのせていただく。
実はこれが 芋焼酎に合うのだ。
少しづつ掬ってなめては 焼酎で流し込むのである。
「醍醐味」とはよく言ったものだ。

会計後にヤクルトを一本渡された。
エレベータを降りたら ヤクルトの空き容器を捨てるゴミ箱があった。
エレベータの中で飲むことを読まれていたようだ。

店主のK君はまだ20代だそうだが かなりの実力者とみた。

Chie 手作りのクリームチーズ
芋焼酎と合うのだ

   

      

Kido ・・・


藤沢市南藤沢4-2 神明商事第二ビル4F

« 万年青 | トップページ | 海員閣 »

居酒屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201241/15776960

この記事へのトラックバック一覧です: 喜怒愛楽:

« 万年青 | トップページ | 海員閣 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リスト2

無料ブログはココログ