最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

« らーめん まる玉 辻堂店 | トップページ | 日の出らーめん 平塚店 »

2011年8月23日 (火)

まつや

茅ヶ崎の北部丘陵、県道47号線沿いにある店である。
県道を挟んだ向いにはミニストップ、湘南ライフタウン行き神奈中バスの堤羽根沢バス停がある。
駐車場は店の前にあった。
吉村家の系列店で最も辺鄙なところにあるとされる「まつり家」まで7-800mほどであろうか。
飲食店経営の地の利は薄い。味で勝負ということか。
店の構えも地味な感じであった。

入口を入って右手の券売機で基本メニューと思われる「ラーメン 650円」を購入。

L字型カウンターの中には店主が一人だけである。
白木のカウンターテーブルといい、機能的に整理された調理場といい清潔感がある。
店主の前掛けにも「衛生第一」の文字が染め抜かれていた。

この店のように調理する人の一挙手一投足まで見える店が好きだ。
同じような店造りは寿司屋にはよくあると思うが、職人の仕事ぶりが見えるのは楽しい。
手打ち蕎麦屋の実演コーナーも同様だ。
調理する側も素人さんとは違うという自信がなければこのような造りにはしないはずである。

さて、できあがったラーメンは透明度がゼロに近い茶濁したスープに中細でほとんどストレートな麺。
トッッピングはメンマとチャーシューに細かく刻んだ葱という極めてシンプルなものであった。

一口スープをいただくと、鰹中心であろう魚出汁の効き方が強いのに驚いた。
一口で口中を魚一色に染められる感じだ。
醤油のタレもきまっている。
しかし、のどには逆にまろやかに感じる飲みやすいスープだ。
層を作るほどではないが、脂も多めでこってり感もある。

麺はややモチッとした歯ざわりで、麺にスープが引きずられる良いコンビである。

「これがウチの味の特色だ」という主張があるラーメンは食べた後の満足感が違う。
数多あるラーメン屋の中で、「今日の気分はあの味」と具体的に思い出して選ぶことが出来る。

大変気に入った。

店主は食券を受取る時やラーメンを出す時、必ず客の正面に立ってひと声掛ける。
丁寧で心が篭った所作だと思った。
この店主のお人柄が色濃く反映されているのだろう。
主張をホスピタリティで包んだラーメンであった。

実は日を変えて「鶏塩ラーメン」も食べてみた。
こちらは確かに鶏出汁でチャーシューが鶏チャーシューになるのであるが、「ラーメン」のスープに鶏スープをブレンドしたWスープというか、「ラーメン」ほどの特色は感じられない。
この店に来たときは、やはり「ラーメン」を選ぶだろう。

Dsc_0165 ラーメン

Dsc_0169 チャーシューもメンマも葱も 仕事がしてある

Dsc_0187 鶏塩ラーメン

Dsc_0189 鶏チャーシューも良い出来だった。

Dsc_0174_2 店舗外観

茅ヶ崎市堤73-5

« らーめん まる玉 辻堂店 | トップページ | 日の出らーめん 平塚店 »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

酔鏡さんのブログ、復活していて嬉しいです。

ご無沙汰してました。

さっそく近場のまつやさんで食べました。
確かに鶏塩よりも、醤油のほうが美味いです。

鶏塩のほうが魚介が効きすぎて??て感じ。
が、真面目そうな店主さんなので塩もそのうち良くなると期待しています。

丸山のあの麺も珍しいですが、特注ではないと。

シンプルな貴重な店が出来て嬉しいかぎりです。

コージさん、コメントありがとうございました。
そして本当にご無沙汰しておりました。
再開したら早速読んで頂いて、とても嬉しかったです。
またよろしくお願いします。

まつやに行かれたとの事ですが、仰る通り、私も鶏塩の方は魚が出しゃばっていると感じ、余計に普通の醤油味の出来が良いことが確認できたと思いました。

ご店主がつけ麺を食べている近所の常連と話していましたが、店主曰く、つけ麺は「ざる蕎麦みたい」だそうです。そして「よくある普通のつけ麺とは違う」とも言っていました。
他と違う事が良いと思っておられる人が作る物を食べたいので、ざる蕎麦みたいなつけ麺はさておき、今後も時々訪問すべき店とも思いました。

「シンプルな貴重な店」、同感です。

ご無沙汰しております。お元気でしょうか?
さて、こちらのまつやさんですが、自家製麺にしたりしてだいぶ変遷を遂げております。現在の押しは豚骨ラーメンです。

Twitterで復活されてたんですね。自分はやっていませんが楽しみに見ております。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まつや:

« らーめん まる玉 辻堂店 | トップページ | 日の出らーめん 平塚店 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ