最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

« 麺おさふね(町田市) | トップページ | 麺や鐙(茅ヶ崎) »

2012年1月29日 (日)

中華食堂まんぷく亭 (茅ヶ崎)

茅ヶ崎の鉄砲道沿いにある店である。
向かいのマツキヨが目印だ。
店の裏手に2台分の駐車場がある。

この店はラーメン専門店ではなく、いわゆる町の中華料理屋さんである。
地元の人気店であり、家族連れの客も多く、客の姿が絶えない。

メニューは各種麺類とチャーハン類のバリエーションが中心であるが、これらに餃子を組み合わせて注文する人が多いようだ。

「サンラータンメン(酸辣湯麺)」800円を注文した。
いつも「まんぷく塩らーめん」と迷うのだが、最終的にはサンラータンメンを選んでしまう。
「まんぷく塩らーめん」はとろりとした半熟玉子にオイスターソースがかかっていて見る目に美しいもので、まろやかで優しいスープが魅力である。
しかし、結局いつもサンラータンメンを注文してしまうのは、この付近ではこの店でしか食べられない味だと思うからである。

店内はテーブルとカウンターで16-7人の収容か。
カウンターの中ではご店主一人が調理して、奥様がホールを担当する。
このため混雑時は出来上がるまで時間がかかるのも覚悟しなければならない。

この日は昼の部が終る間際で空いていたため、程なくして出来上がってきた。
名前の通り酸っぱくて辛いスープである。
竹の子の千切り、豆腐、しいたけ、ねぎ、溶き玉子のスープと、細目でやや柔らかめに茹でられた麺がマッチしている。
表面には黒ゴマのペーストがかけてあるが、これがスープに混ざって香りとコクを加える。
酸味と辛味が強いため食べ初めはよく分らないのであるが、食べ進んでその裏側に隠れていた旨みを覚知し始めた途端、そこからは完食まで夢中で口に運び続けることになる。

会計が終って外に出ると、辛味の効果のせいか身体がポカポカしていた。
そういえば朝からゾクゾクして風邪でもひくのではないかと思っていたが、そんなものはどこかに行ってしまっていた。

Dsc_0605 サンラータンメン(酸辣湯麺)

Dsc_1076 黒ゴマのペーストがかかる

Dsc_0610 まんぷく塩らーめん 

茅ヶ崎市松が丘2-12-20

« 麺おさふね(町田市) | トップページ | 麺や鐙(茅ヶ崎) »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華食堂まんぷく亭 (茅ヶ崎):

« 麺おさふね(町田市) | トップページ | 麺や鐙(茅ヶ崎) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ