最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

« 中華食堂まんぷく亭 (茅ヶ崎) | トップページ | ジャンキーモンキーJr. (町田市) »

2012年3月 4日 (日)

麺や鐙(茅ヶ崎)

茅ヶ崎の鉄砲道沿いにある店である。
斜向かいのサークルKが目印となる。
裏手にある駐車場に3台分のスペースが確保されている。

長後や大和に支店を出すほどの人気店である。

もう7-8年も前になると思うが、オープンしたての頃は中年の男性2人で厨房からホールまでをやっていた。
味は良いのだが、その頃はなんとなく素人臭いところもあった。
ラーメンを作っていたオジサンが、湯切りの深ざるを振っている間に勢い余って麺が飛び出してしまい、麺の塊が床に落下してしまったのだ。
麺の滞空時間とその後の事態認識に至るまでの数秒間オジサンも私も息を止めていたが、オジサンは私が見ていることを確認する前に「すぐ作り直します」と大声で宣言した。
初めて見る光景と、飛んでいく麺の塊を追うオジサンの絶望的な視線を反復して思い出してしまい、また何故見ていることが分ったのかを考えると笑いを堪えるのに苦労した覚えがある。

さて、注文したのは「九条ネギらぁめん」(細麺選択)¥520である。
この店のメニューは基本の醤油味の他、味噌や塩、つけ麺もあり、其々皆魅力があって完成度が高い。
しかし、「九条ネギらぁめん」一択と言って良いほど気に入っているのだ。

スープは基本メニューの「鐙らぁめん」と同じ醤油味で、トッピングは九条ネギのみとなる。
鶏も豚も魚も昆布も感じられる強烈なコクの複雑系スープは、ややトロみがあって泡立っている。

細目のストレート麺は箸でつまんでもハラハラと分かれるような絶妙な固めの茹で加減であり、これにスープがまとわり付くような絡み方をする。

トッピングの九条ネギは香りが強くて噛むと甘みが搾り出されるような上物である。
確かにこれならチャーシューもメンマも要らない。

ぜひともお勧めしたい。

Dsc_1132 九条ネギらぁめん

Dsc_1135 たっぷりの九条ネギが旨い

Dsc_1140 細麺と太麺を選べる

茅ヶ崎市東海岸南1-3-31

« 中華食堂まんぷく亭 (茅ヶ崎) | トップページ | ジャンキーモンキーJr. (町田市) »

ラーメン」カテゴリの記事

神奈川県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麺や鐙(茅ヶ崎):

« 中華食堂まんぷく亭 (茅ヶ崎) | トップページ | ジャンキーモンキーJr. (町田市) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ