最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

« ジャンキーモンキーJr. (町田市) | トップページ | しろくま食堂 (辻堂) »

2012年3月 6日 (火)

白河手打ち中華そば一番いちばん(町田)~白河ラーメン

町田田市役所の近く、町田街道の北側の住宅街、3階建てビルの1階の一部を使用している。
コインパーキングが隣接している。

店内に入ると左手に券売機がある。
「特製中華そば」¥880を購入した。
基本の「中華そば」が¥700で「味玉中華そば」が¥800である。
「特製中華そば」には味玉、ワンタン3個にチャーシュー増量であるので明らかにお得だ。

店内は明るく清潔感満点である。
梅が丘から移転してきて数年経つが今も新店のようにキレイである。

客席は厨房を囲むカウンターのみであり、厨房との間に境が無いので中の作業は丸見えである。
厨房内にはご店主と2人のスタッフがラーメンを作っていた。
作業がとても丁寧な印象で、いかにラーメンを大切にしているかが伝わるようであった。
味玉を麺を茹でる釜で暖めたり、注文の度にチャーシューを切り分けたりと芸が細かい。
ご店主が平ざるで麺をあげる職人技を見るのも楽しい。

以前この店に来た時はご店主と奥様らしき女性しかいなかった。
5千円札しか持ち合わせが無く店にも釣りがなくて食券が買えない事があった。
ご店主に「どこかで両替してきてください」と言われた。
客に両替に行かせるのかと大変驚いた。付近にはコンビニがあったが、多分両替はお断りだろう。
困惑しているうちに後ろの人達がが千円札で食券を購入してで釣りが用意できたため事なきを得た。

こんな事を思い出しているうちにラーメンが出来上がった。
美しく盛り付けられたトッピングは、2種の豚チャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、青菜、海苔、味玉とワンタンである。
鶏はしっとりした胸肉で口の中で肉汁が染み出すような逸品である。
ワンタンは滑らかな皮に包まれ、しっかり味付された餡が旨い。
他のトッピング一つ一つが丁寧に作られているのがよく分った。

白河ラーメンといえば動物系のみから出汁をとった醤油味のスープと縮れた麺を組合せる。
直線的にアピールする味ではなく、じんわりと出汁を感じるような優しい感じのスープを麺の縮れに絡ませる特徴がある。
このため、最初に口に含んだときは、どこかスープの輪郭がはっきりしないような気がしてしまう。

暖簾に「とら食堂」と書かれていることからご店主は白河ラーメンの代表格である「とら食堂」の出身と思われるが、この店のスープは一口目から明瞭に主張が伝わる点が本家とは異なるようだ。
かといって醤油の角を立たせたような刺激もなく、優しい感じは変わらない。
この辺りが秘技なのだろう。

モチモチとして喉の通りも気持ちの良い麺と共に充分に楽しめた。

とにかくワンタンが素晴らしいので、ワンタン入りのメニューをお勧めしたい。

Dsc_1308_2 特製中華そば

Dsc_1311 ワンタンが旨い

【白河ラーメン】

ついでという訳ではないが、白河ラーメンを報告したい。
地元や周辺以外の店の情報は、その地方に行ったらどの店に行くのを勧めるかという観点で記したものである。
これでもかというほどの特徴を競っている東京や神奈川のラーメンを普段から食べ慣れているからか、最初は白河ラーメンをなんとも平凡で、どの店も変わらないように思ったが、数日連続して食べていると魅力と違いが分るような気がして、最後にはすっかりファンになった。

おすすめ順位1 「火風鼎」

国道289号線沿い、南湖の近くに近くにある店。
チャーシューが自慢らしい。

女性ばかりで運営されていた。
女性だけの集団は締まるか緩むの両極端に振れる事が多いようだが、この店は間違いなく前者。
ラーメンを作る様子も職人の仕事場の厳しさが伝わるような静かで張り詰めた空気感がある。熊本の黒亭でも似たような空気を感じた覚えがある。

食べてみて強く印象に残ったのは麺である。
なにしろコシの強さが付近のラーメン店とは明らかに異なる。
噛み締めて楽しめる麺が印象的であった。

Ca3c0369 国道沿いの看板が目印である。

Ca3c0375 ラーメン プリプリの麺が旨い。

Ca3c0366 チャーシューメン

Ca3c0376 醤油が効いたスープとコシの強い麺

白河市鬼越44-16

おすすめ順位2 「とら食堂」

白河一の有名店である。
田んぼの真中に広大な駐車場と大きな店舗が存在する。
店自体が観光地みたいなものなので休日は大混雑だろうが、訪れたのが平日午後2時頃だったためか全く待たずに席に着けた。

「手打ち中華そば」を注文した。

店内も広い。
50人くらいは座れそうである。

出来上がったラーメンはチャーシューとメンマ、青菜に海苔がトッピングされていた。

スープを一口飲むと、白河ラーメン特有のじんわり出汁が感じられるタイプで、醤油の向こうから徐々に鶏の旨みが顔を出す。
鶏の顔が認識できたらスイッチが入り、やや柔らか目の茹で加減の麺と共に一滴残らず飲み干してしまう。

地元の人に言わせれば、先代の頃はもっと旨かったとの事。
どれだけ旨かったのだろう。

Ca3c0303

Ca3c0299_2 チャーシューもたっぷり入る。

白河市双石滝ノ尻1

おすすめ順位3 「手打ち中華 すずき」

国道289号線沿いある店である。白河実業高校のすぐ近く。向かいにセブンイレブンがあった。
駐車場が小さいのが難点か。

「手打中華」を注文した。

出来上がったラーメンは若干表面の脂が多くてこってりした味を想像したが、スープを飲んでみると脂分はさほど感じられない。
白河ラーメンらしいマイルドな味わいであるが、他よりもコクがあると感じたのはこの脂のせいかもしれない。

火風鼎ほどではないが、麺のコシが強く麺の感触も楽しめる。

Ca3c0305 手打中華 チャーシューは3枚も入る

Ca3c0370 この日は 青菜の代わりにグリーンピース

Ca3c0307 この店も麺が旨い

白河市瀬戸原4-9

おすすめ順位4「手打ちラーメン英」

国道294号線、旧陸羽街道に面する店である。
他の店とは違い、市街地にある。
店と道路の間が駐車場である。

「ラーメン」を注文した。

店内のメニューには味噌味や辛いもの、餃子まであって中華料理屋並みの品揃えである。
高校生に限りラーメンの大盛・特盛サービスの表示があった。

出来上がったラーメンはお盆に乗せて出された。
小皿の漬物が付いていた。

この辺りでは珍しく大き目のチャーシュー、太めのメンマ、半玉子がトッピングされる。

スープはやや醤油の角が立ったタイプであり、他の店のスープが薄いと感じられたらこの店を選ぶと良いかもしれない。
麺は他の店同様手打ちの縮れ麺である。

Ca3c0483

Ca3c0479 漬物付き

Ca3c0480 いかにも手打ちの不揃いな麺

Ca3c0476

白河市二番町6

« ジャンキーモンキーJr. (町田市) | トップページ | しろくま食堂 (辻堂) »

ラーメン」カテゴリの記事

東京都23区外」カテゴリの記事

福島県」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白河手打ち中華そば一番いちばん(町田)~白河ラーメン:

« ジャンキーモンキーJr. (町田市) | トップページ | しろくま食堂 (辻堂) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ