最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

« 口福居 (茅ヶ崎) | トップページ | 中野汁場 進化 (新中野) »

2012年3月18日 (日)

熱血らーめん 遊びじゃネェんだよ! (相模原)

JR相模原駅から線路に対して垂直に南西方向へ伸びる県道503号線。
国道16号線の相模原駅入口交差点を通過し、アイワールドを左手に見ながら進み、てるてる公園入口の先、左手に店舗がある。
最寄駅はJR相模線の上溝になる。
駐車場は店の近辺のいくつかの駐車場に数台分を確保しているようだ。

店の外の券売機で「熱血豚骨」¥700を購入、店内へ。
店内はカウンターだけの奥に長い造りである。

実はこの店が開店して2ヶ月くらい後だっただろうか、一度来たことがあった。
食後に丼をカウンターの上に上げる等の後片付けをすると割引があるというシステムだったが、今は廃止したようだ。

席に着くと厨房内の巨大圧力鍋に目と心を奪われた。
見たこともない大きさの圧力鍋が、周囲を圧倒するような光を放っていた。
ピカピカに手入れされて、なんという機能美だろう。
蓋だけでも相当重そうなのに、どうやって洗っているのだろうか。

厨房内でラーメンを作り始めたご店主の所作がまた職人芸そのものである。
見るからに丁寧な作業であるが、かつ動きに無駄がないのである。

丁寧といえば、レンゲの持手の端を持ち、凹んだ背の部分で細かく玉子の殻に割れ目を入れていた。
玉子の殻剥き一つとっても、極力良い状態で玉子を出したいという細かな気遣いが感じられるのだ。

ラーメンの出来上がりを待つ間にも、すっかり楽しんでしまった。

出来上がったラーメンはまず鰹の香りがした。

白っぽく泡だったスープはかなりの高粘度で丼をカウンターに下ろしても表面には波紋も出来ない。
レンゲで周囲の麺や具材を押しのけるようにして掬って口に運ぶと、鰹出汁のジャブの直後に超濃厚な豚骨出汁のボディを食らってしまった。

一口でスイッチが入った。

しかし、豚骨が粉々に融けて液体になってしまったと思われるほどに濃厚なのに、臭みを全く感じないのはどういう事だろう。

トッピングは中央に九条ねぎの山があり、タレをかけたバラチャーシューが2枚、糸唐辛子、半玉子、そして一見紅葉おろしのような赤い塊であった。
なんと赤い塊はすりおろした紅生姜であったが、箸でつつくとふわりと広がり、一口の味変が楽しめるという趣向だった。
紅しょうがのすりおろしは初めての経験である。なんとも手間をかけたものである。
チャーシューの肉も玉子も其々素材の良さが引き出されているという事か、口に運んではいちいち感心した。
九条ねぎの香りも甘みも豊かであった。

麺は硬めの茹で加減、細目で縮れのない麺は箸で摘みあげても5cmくらいなら垂れ下がらないようなハリがあるもの。
これが超髙粘度スープを絡みつかせるため、食べる度にスープがどんどん減っていく。

「こんなに旨かったっけ!?」食べる間中繰り返した。

卓上には「豚骨用」、「醤油用」2種類のタレがあり、もっと味濃い目が好きなら追加できる。
半透明の容器に入っているのはガーリックオイルである。レンゲの上に麺を取り、これを少々振りかけて食べてみたら危険な程の風味アップであった。
今回はスープの秘密に迫りたい気持ちが勝っていたため自重したが、間違いなく次回は後半から大量投入するだろう。

最近では最も大きな驚きと満足を得られた一杯であった。

他よりは余程手間がかかっていると思われるスープ。
贅沢なトッピング。
そして、多分大人一人分の重量がありそうな鍋の毎日の手入れ。
これを¥700で提供しようという心意気やよし。

ご店主とは店に入った時に挨拶され、食券を確認する会話をしただけであったが、目が合っただけで歓迎されていると感じた。
作業する姿を見て、自分がこれから食べる物に気持ちが込めてられている事を感じた。
一人で食事をする環境として、これ以上は望めない。
きっと大満足したのは環境と味の相乗効果だろう。
全てがご店主人一人によるものである。

店名はご店主の気持ちそのものだろう。
とにかく参った。

Dsc_1450 熱血豚骨 ¥700

Dsc_1455 特濃スープ

Dsc_1457_2 ふわり崩れたおろし紅しょうが

Dsc_1462 ニンニクオイルと追加用タレ

相模原市横山4-24-12

« 口福居 (茅ヶ崎) | トップページ | 中野汁場 進化 (新中野) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱血らーめん 遊びじゃネェんだよ! (相模原):

« 口福居 (茅ヶ崎) | トップページ | 中野汁場 進化 (新中野) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ