最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

茨城県

2011年9月26日 (月)

ラーメンの町、つくば Part.2

ラーメンの町、つくば。
仕事で地方の色々な所に行く度にラーメンを食べてみるが、店によってレベルの差が大きいし、正直なところがっかりする事が多かった。
つくばを知るまでは、東京や神奈川は切磋琢磨する環境があるから他の地域との格差は開く一方だと信じていたが、間違いであった。
つくばは違う。

つくば市の人口は約21.5万人、厚木市が22.5万人なので大体同規模である。
つくばに行って驚いたのは、まずは街道沿いにラーメン屋が多い事である。
つくば市民はラーメンファンが多いのかと目を凝らすと、裏道や路地裏、農耕地帯の集落の一角にもあるわあるわ、ラーメン屋はいくらでも見つけられた。
そして注目店を探して実際に行って食べてみると、オリジナリティ溢れるラーメンを高次元まで追求している店が多いことが分った。
ラーメンという食べ物の最大の特性である、「作り手の自由」が遺憾なく発揮されている様子から、言わばラーメンに関する民度の高さとか文化の高さのようなものを感じたのである。

前回述べたようなつくばで特徴的な濃厚系スープだけではなく、淡麗系スープでも高レベルの店があった。

恐るべし つくば。

★活龍 ★

桜川市に「龍神麺」という人気店があり、その2号店だそうである。
今回取り上げた「龍郎」や「油虎」も同じグループである。
東京の「せたが屋」方式で別系統の店を次々にオープンさせるやり方で、つくば市内で急成長しているようだ。
前回のつくば記事で記した「ハリケンラーメン」の店主も同店の出身とのことである。

活龍本店は、つくば市役所大穂庁舎の南側、スーパーカスミの向いにある。
駐車場は店の前にあった。
奥行きのあるカウンターに、座り心地のよい椅子で、なかなか気分もよい。
シンプルな内装は清潔感を伴う。

「とんこつ醤油」を注文した。

出来上がったラーメンは鰹の香りの強いもの。
茶濁した濃厚で粘度の高いスープに一部極太麺が水面上に顔を出していた。
大き目の巻きチャーシューと、長さがそろえられたメンマと青菜、海苔と丁寧に刻まれたネギが載る。
なかなか美しい盛り付けである。

スープは流行の豚骨魚介で見た目通り超濃厚ドロドロであるが、意外にも舌の上はすっきり通過する。
青菜をスープに浸けて食べるととても旨い。思わずスープを連続して飲んでしまった。

麺はうどんサイズの太麺で、非常にコシが強く、噛むと小麦の風味溢れるとても旨いものであった。
つけ麺以外でゴワゴワとかワシワシという表現が似合う麺には久しぶりに出合い、とても良い思いをした。

メニューには茹で時間が8分掛るとの注意書きがあったが、この店が回転率を犠牲にしてでも提供したかったのはこの麺だったのだと思った。

Dsc_0302 活龍 本店外観

Dsc_0300 盛り付けが美しい

Dsc_02951 具が切り揃えられている

Dsc_0299

つくば市筑穂1-10-13

あまりに印象的な麺だったので、日を替えて竹園店でつけ麺を食べてみた。
しかし、こちらは本店の「とんこつ醤油」と比べて若干麺が柔らかく感じられた。コシも弱かった。
水で締めているのに、と失望した。
本店も竹園店も、殆どの客がつけ麺を注文していたが、本店再訪の機会があれば「とんこつ醤油」を注文したい。

Dsc_0357

Dsc_0360

Dsc_0363

つくば市竹園1-9-7 林ビル 1F

★龍郎★

活龍と同系列で二郎系を出す店である。
筑波学院大学の近くにある。駐車場は店の前である。

店内はカウンターとテーブル席もあり、15-6人入れる。
入口左の券売機で「豚入りラーメン」を購入した。

カウンターに座って食券を渡すときにトッピングを尋ねられる。
「ニンニクは入れますか?」
二郎スタイルである。
「ニンニク」と応えた。

出来上がったラーメンは二郎で云う野菜増しで、加熱時間が短いシャキッとしたものである。
豚は超厚切り巻きチヤーシューであった。

野菜を押しのけスープを含むと、これが実に旨い。
二郎のスープが乳化し、醤油ダレの角が取れて、トロみを帯びてまろやかな感じである。
家系に例えて言えば、吉村家と壱六家の比較の如く、本家をマイルドにして発展させたとも言える。

そして麺は太めで、のど越し滑らかなツルツルシコシコ系のもので二郎とは全く違う。

豚も旨い。
肉と脂の比率が整った巻きチヤー式で、味付も関内や大野の二郎にレベルに近いと思われる。
しかも写真でご覧の通りのボリュームである。

何から何まで、なるほど二郎にもこのような解釈が在ったかと感心したものであった。

この店には味噌味のメニューがあった。
二郎の味噌・・・
あまりにクリエイティブであり、想像を超えているとしか表現できない。

Dsc_0288 豚入りラーメン

Dsc_0291 豚の破壊力

つくば市吾妻3-8-1

★油虎★

やはり活龍一派の店である。
つくば市役所大穂庁舎の北側、飲食店が数件入居するビルの一角にあり、広めの共同駐車場が店の前にある。
以前は活龍の本店があった場所だそうである。

他の活龍一派(龍神一派?)同様シンプルな造りの店舗である。
カウンタの席に着き、基本メニューと思われる「油そば」を注文した。

すぐに女性スタッフから無料トッピングについてどうするか尋ねられた。
メニューを見ると、無料トッピングとは、自家製食べるラー油、きざみにんにく、マヨネーズの3種類である。
「3つお願いします」と応えた。

トッピングはすぐに出された。
食べるラー油は一回限りであるが、ニンニクは必要なだけ追加OKとのことであり、マヨネーズはボトルで出された。
また、カウンター上には油そばがラー油(普通の)や酢と相性が良い云々との案内書きがあった。

出来上がった丼は、麺の上にチャーシューの角切り、肉そぼろ、メンマ、きざみネギ、海苔が載っており、タレは丼の底にあると思われた。
さらに「お口直しにどうぞ」ときざみネギが浮いたスープが出された。
早速タレを麺に満遍なく和えるように混ぜ返しを始めた。
色の濃い醤油ダレが麺を染めて、ソース焼きそばみたいな色になったところで無料トッピングのきざみにんにくを投入、さらに混ぜた。

ここでやっと食べ始めたが、なかなかに旨い。
食べるラー油を投入し、付近を軽く混ぜながら食べると、これも良い。
マヨネーズを加えると、若干の変化が面白い。

出されたものを、ただ味わえばよいというものではないのである。

この調子でラー油や酢などを少しずつ加えて行くとその都度味が変わり、好みの味を探す実験をしているみたいで楽しい。
味の実験をしているので、例えば直前に足した酢で何がどう変化したか判り難いと感じる局面にぶつかる。
口の中で味が混ざるからである。
ここで「お口直しに・・・」と出されたスープが役立つのである。
極薄味の油気のないスープが見事に口の中をリセットする。
小憎らしいほどよく考えられたシステムであった。

食べる側にも味に関する責任があるため、味を公平に評価できない。
しかし、夢中で楽しく食べた事は間違いない。

感想は「もっと酢を足しても良かったかな」である。

Dsc_0369 無料トッピング3種

Dsc_0371 油そばとスープ

Dsc_0372 タレは丼の底にある

Dsc_0373

Dsc_0377_2 混ぜ完了

つくば市筑穂1-1-13

★名無し★

田圃の真ん中にある店である。
車以外の交通手段はなく広い駐車場がある。
入口の真上には「名のないラーメン」との表示があった。
冒頭で名前が無いと自己紹介するとは完全に漱石みたいなノリの店である。
行ったのは平日の14:00過ぎであったが、駐車場には10台ほどの車があり、結構な客の入りである。
店内はテーブルと座敷中心で、カウンターは5-6人座れる程度であった。

カウンターに着き、「醤油ラーメン」550円を注文した。

出来上がったラーメンは、透き通った醤油スープに中太の直麺、トッピングはロースのチャーシュー、メンマ、ナルトと海苔にききざみネギが散らばるという正統派中華そば的外観であった。
表面に浮かぶ脂も色が薄く、いかにもあっさりした味を予感させた。

スープを一口含むと予想通りのあっさりであるが、全てが調和する感じで何一つとして突出するものが無い。
生姜も鶏も魚も、そこに居る事は判るが、具体的にどこにいるかは判らないという感じであった。
魅力の正体は判然としないが、もう一口と求めてしまう味である。

また自家製のやや太めの麺は、意外なことに最後までコシがあって旨かった。
突出した特徴は無いが高い完成度を感じたものであった。
以和為貴、ということか。

この店で気がついた事はもう一つ。
この淡麗系のラーメン「名無し」に集まる客層が喜元門やハリケンと変わらないような気がしたのである。
つまり、つくばは老若男女どんなラーメンでも旨ければ食べに行くという、ラヲタの巣窟ではないかと感じたのである。
Dsc_0311 名前は未だ無い

Dsc_0306_2 醤油ラーメン

Dsc_0307 全てがじんわり旨い

つくば市北条4093

★我城★

我城と書いて「わがや」と読ませる。強引であるが気持ちは分る。
桜土浦インターから国道354号線をつくば方面に少し進み、下広岡交差点を右折すると右側にある店である。
店の周りに広い駐車場がある。

カウンターの中には店主、店の奥の裏口付近には店主の家族がいた。
休日のためか、未就学と思われる児童を含む子供たちがいたが、大変行儀よく静かに遊んでいた。
幼児の時から場所をわきまえた行動が出来るとは、完璧な教育をされているようだ。

もしかしたら、店主は怖いオヤジかもしれないと思った。

メニューを見ると豚骨スープが基本で、魚介スープとブレンドしたり、カレー味やゴマ味を加えたりなどするバリエーションが豊富で、創作ラーメン指向の店のようだ。
店名の文字を使って我○とか○我、○城のような名前をつけたメニューが数多くあった。

今回は初の焼きオニギリ入りラーメンを試したく、店の名前を与えたメニューである「我城」を注文した。

注文すると店主はまずオニギリをにぎり、そしてそれを焼き網にのせて焼き始める。
オニギリの後麺を茹で始めラーメン作りに入るのである。

出来上がったラーメンは今まで見た事がない外観であった。
醤油味のスープは色も薄目の笹濁り程度で割と透明感のあるもの。
これにワカメ、水菜、岩海苔、チャーシューが載る。
そして何よりも目を引くのは、大きな焼きオニギリがこれまた大きな梅干と共にスープに浮かぶ島の如く存在するのである。

若干塩辛い複雑系のスープで、動物系よりはむしろ魚介系が前に出ていると感じた。
トッピングの岩海苔が融け出すにつれ磯の風味を増していく。
表面の脂も少なめでスッキリした味わいである。
時間と共にワカメの香りや梅干から出る酸味が加わってくると和のティスト一杯の梅干茶漬け風に変化する。
「げ、旨い」というスイッチが入った。

麺は中くらいの太さで縮れのない直麺で、スープの中でパラッとしていたものがそのまま喉を通るのが快感であった。

さて、問題は焼きオニギリである。
茶碗一杯の飯くらいはあるサイズであるが、いくら焼いてあるとはいえ、時が経てば少しずつスープの中に崩落していく。
どのタイミングで食べればよいか逡巡し、時にはレンゲで表面を削ってスープと一緒に食べたりしていても、結局麺よりは後に残ってしまった。

食べ終わっているように見えても、丼の底には宝が沈んでいるのだ。
まるで日本近海のメタンハイドレートのようだ。
また、日本人には米を残す事は許されないという信仰もある。

ということで喜んで全ての米粒と共にスープも全て回収してしまう事になった。
完食であった。

ところで食べている間、店主は常連と思われる客と会話していたが、オヤジギャク的トッピングが目立った。
怖いオヤジではなさそうだ。
物静かかな奥方が子供達に厳格な教育をしているのかもしれない。

良い店であった。

Dsc_0334 「我城」始めて見る光景

Dsc_0337 あっさり系のスープ

Dsc_0335 大型の梅干

つくば市下広岡1040-6

★いっとく★

国道408号線の松代交差点近くにある店である。
セブンイレブンや他の飲食店が集まっているところで、共同駐車場らしき広い駐車場がある。

店は少し奥まっているが、丸に「い」印の丼の中に豚が入っている大きな絵の赤い看板が目印である。

メニューには基本のスープと思われる「いっとく味」のほか、味噌があり、それぞれに辛味を加えたものの他、塩味もある。
つけ麺ももあった。
メニューを見るとチャーシューには力が入っているようで、数種類の部位を炙り焼きにした焼豚との説明があった。

チャーシューに魅力を覚えたため、思い切って「ミックスチャーシュウメン」1150円を注文した。

程なくして出来上がったラーメンは迫力あるルックスであった。
表面が赤い吊るし焼きと思われるものと、見るからにジューシーなバラチャーシューとも厚切りでたっぷりと盛られていた。
他には海苔、メンマ、ナルト、ほうれん草のトッピングであった。

見るからにコッテリしたスープを一口飲んで驚いた。
この味は出会ったことがない初めての種類である。
メニューには「和風出汁に香味野菜の西洋風スープをブレンド」のような事が書いてあったが、魚介のスープにポトフの様でもあり、コンソメのようでもあるような香りと若干の酸味が加わった複雑な味わいであった。
特徴的であるが悪くない。この味は何だろうと飲み進むうちに気に入ってしまった。
見た目とは裏腹に酸味がコッテリ感を相殺してスッキリと飲みやすい。

麺は太目の直麺で、表面の細かなザラつきにスープが絡む。
コシもあり、しっかり噛んで食べるタイプでなかなか旨い。

自慢の厚切りチャーシューは2種類のっていたが、煮豚とは異なりロースト肉の肉汁が楽しめる。
値段は高いが肉を食べたと思えば充分リーズナブルである。

訪問したのは土曜日の昼の開店時であったが、次から次と客が入り、食べ終わる頃にはほぼ満席となっていた。
クセのある味であったが、その味がクセになってしまった人が多いということか。

Dsc_0314 ミックスチャーシウメン

Dsc_0317 バラチヤー

Dsc_0320 表面がい赤チャーシュー

Dsc_0316 見た目はかなりコッテリ感のあるスープ

Dsc_0325 この裏面が伝票になっている

Dsc_0327 この看板が目印である

つくば市刈間106-2

2011年8月30日 (火)

ラーメンの町、つくば Part.1

ラーメンの町、つくば。

つくばに行けば誰もがそう思うだろう。
クルマでつくば市に入ると街道沿いのラーメン屋の多さに驚く。
二郎系も大勝軒直系も水戸スタミナ系もある。
規模の大きいチェーン店から個人営業の店まで軒を並べ、この地では外食の中心がラーメンである事は疑いない。
以前、国道1号を大阪から京都に向かった事があるが、大阪にはラーメン屋が無いのではないかと思うほどであったのに、京都府に入ったとたんにラーメン屋の看板が増えたことに驚いた事を思い出した。京都には独特なラーメン文化が発達しており、京都発祥の有名全国チェーンは各地で人気を保っている。

つくばのラーメン屋の数は人口比で全国有数ではないだろうか。
ラーメン好きが多い地域では競争に揉まれてレベルの高いラーメンが産まれるとすれば、つくばはラーメン好きにとっては目を離せない地域である。
将来は、京都のようにご当地ラーメンとして広く認知されるかもしれない。

実は、それどころか札幌とか博多とか荻窪等のように聖地化する可能性もあると感じた。
つくばのラーメン店は高粘度のスープを出す店が多いようである。
今回、実際に食べた店の中で、特に印象に残った店を3店と、番外編を1店投稿する。

★ハリケンラーメン★

トップはこの店であろう。
筑波大学の北東、県道200号線沿いにあるが、派手な幟もない。
店の前には広めの駐車場があるが、車がとまっていなければ見落としてしまいそうな地味な外見の店である。
周りは田畑である。

店内はカウンター席のみで、後ろの待ち席まで広いスペースのある余裕を持った造りである。
券売機で「鶏そば(醤油)」を購入した。
待ち席は既に埋まっていたので、窓側に立って並んだ。並んでいる間に食券を回収された。
カウンターの中には二人が立つが、回転は速くはない。店内の席がカウンターのみというのは理にかなっているという事か。

出来上がったラーメンはドロっとした黄金色の高粘度スープ。
穂先メンマ、玉葱のみじん切り、刻んだ青菜、バラチャーシューとつくね様の肉塊、さらには焼き目のついたバケットが載る。パンが浮かぶラーメンは初の体験である。
スープから立ち上がる芳醇な鶏の香りそのままの濃厚な鶏スープである。
臭みは全く感じられず、強烈なコクに圧倒される感じで上品かつ実に旨い。
これだけ鶏の旨みが出ているのなら醤油ではなく塩にすれば良かったかもしれない。

麺は中太で、スープをその身にまとわり付かせて運び、歯応えといい、舌触りといい絶妙でスープとのバランスが実に良く、完成度の高さに驚いた。

鶏の臭みの消し方や、さらに玉葱や青菜の香りの使い方、水気を飛ばしたパンにスープを染込ませ、麺とは異なる風味でスープを楽しませる発想は西洋料理風のアプローチとも思われる。

こんなクリエイティブな店が田園地帯のど真ん中にあるのが面白い。
将来つくばが聖地化する可能性を感じさせる店である。

Dsc_0133

Dsc_0137 つくね入り

Dsc_0135

Dsc_0138_3 目印はこれだけである。

つくば市栗原2857-8

★喜元門 つくば東光台店★

小見玉市に本店がある。
2007年に生活情報サイト「All About」で、かの方が「茨城で美味いラーメンに遭遇」という記事で絶賛しているのを目にした。http://allabout.co.jp/gm/gc/216784/
ラーメン好きは基本的にどんなラーメンを食べても一応は喜んでいるものだと思うのであるが、ラーメンを食べるのが仕事みたいな人はそうもいかないはずなのに「実に美味かった」とまで表現しているとは珍しいと思い、小見玉市なるところへ行ったら是非試してみたいと思っていた。
その支店がつくばにもあった。

この店はナビを使っても分り難い場所にある。
目印はホテル東光で、その裏の道沿いと説明すればよいだろう。
店の前に数台分の駐車場がある。

店に入ってすぐ左手に券売機がある。
はっきり言ってメニューが多くて悩ましいと思う。
事前調査の上、意志を固めてから訪問しないと店内のメニューを見てからまた悩む事になる。
今回のつくば滞在中、3回もこの店を訪問する事となった経験から言える事である。

ここでは「鶏魚介煮干」を取り上げたい。
カウンター席の後方には製麺室があった。自家製麺だ。
メニューによって麺の太さ3種類を変えている事が分る。
さらに食券を渡すときにチャーシューのを4種類の中から選ぶ。
4種とは主に調理法による区別されていたもので、この時はバラ巻きチャーシューをセレクトした。

「鶏魚介煮干」はかなり高粘度のスープに太麺の組合せ。
チャーシュー、半味玉、穂先メンマ、青葱、玉葱のみじん切り、海苔が載る。

スープはドロドロ状態の重量級であるが、口に含んだ瞬間に強烈な鶏味が破裂する。
それに煮干が乗りかかって来る。煮干もかなりの強さである。
エグ味を取ったり臭みを取ったりするアプローチではなく、腕力の強い者同士をぶつけ合って楽しもうという趣向に違いない。
麺は滑らかな喉越しと噛み応えが同居するもので、スープとのマッチングは狙い通りであろう。

名横綱同士の力のこもった四つ相撲が楽しめた。

他のさらさらスープのメニューも試したが、どれも驚くほど完成度が高い。
「濃厚魚出汁醤油」や「中華そば醤油」も大変旨かった。

「鶏白湯」は休みと表示されていたが、「鶏魚介煮干」の濃厚な鶏味から類推すれば鶏好きにはたまらないもののはずである。
ぜひ食べてみたい。

Dsc_0126 鶏魚介煮干

Dsc_0128 ドロドロのスープ

Dsc_0131 濃厚魚出汁醤油

Dsc_0093 中華そば醤油

Dsc_0098 外観

つくば市栗原2857-8

★麺や蒼★

つくばの研究学園地区の中心部近くにある。
駐車場は店の裏手に確保されていた。

店内はラーメン店というよりもっと垢抜けた喫茶店風のつくりである。
店内に入ったところにある券売機で「ラーメン 750円」を購入してカウンター席へ付いた。
訪問は平日の14:00くらいで、店内は比較的空いていた。

出来上がったラーメンは味噌味だった。
基本メニューが味噌味なのだ。
ここもまたドロっとしたスープであった。

ビジュアル的にも印象深いラーメンである。
黒っぽい丼は、まるで額縁のようだ。

トロみであわ立った白味噌スープに、平打ちの太い麺。
丼の中心には白葱の山が盛り上がり、麓には玉葱のみじん切り。
メンマやチャーシューは葱類の下に隠れていた。
味噌ラーメンには珍しい魚粉の小山もあった。
そして全体にオレンジ色の辣油がかけられていた。

しばし見た目を楽しんでから、先ずはスープを一口含むと、これはもう「濃厚」の一言につきる。
豚骨と芳醇な味噌がドロっとした舌触りのスープになって、滑らかな麺の表面にもまとわりつくのである。
大量に載っている2種類の葱や魚粉を組み合わせると少しずつ味が変化するので、これだけ濃厚なスープでも最後まで飽きることもない。

麺は表面が滑らかなコシの強いもので、この濃厚スープにマッチしている。
他ではあまり見ない平打ちの太麺で非常に風味がよい。
この麺は一度つけ麺で味わいたいと思った。
次回の宿題である。

Dsc_0100

Dsc_0106

つくば市竹園2-6-1

番外編
☆大河

常磐自動車道谷田部インターから2kmくらいであろうか。
近くに常陽カントリー倶楽部というゴルフ場があった。
周りは田園風景そのものといった中に普通の住宅を店舗兼にしたという風情の店である。

交通手段は車以外には考えられないが、その分か、駐車場は結構広い。
その結構広い駐車場がいつ来ても満車で、店の前の長い行列を見てしまい、いつも諦めて他の店に向かったものである。

今回は開店前に到着した。先に駐車場に止まっていたのも1台だけだった。その1台は二人連れで、もう店の入口前にいた。
「今回こそはありつける。まだ開店まで30分近くある」店の前に立つまでもないと判断し、車の中で待ったのがいけなかった。その後に駐車場に入って来た車が店の前に車を止め、先ず一人が飛び出すように車から下りると3人目に並んだ。
もう一台が入って来てニ人下りて並んだ。一人だけ下りて並んだ人のところに残りの家族が五人近付いた。
しまった油断した。前に七人も入ってしまった。
慌てて列についたが、開店前に20人を越えるほどの列になった。
中にはタクシーで乗り付ける女性もいて、待たせて食べるのも悪いと思ったのか、運転手も一緒に列に入った。
11:30の定刻を少し過ぎて店が開くと、順番に券売機の前に進み食券を購入するが、すぐ前の人が購入中にカウンターの中から「チャーシュー終り!」との声がかかった。
9番目より前で終わり?
開店前、列の順番を巡る静かだが妙に殺気立った争いの原因はチャーシューだったか。
相当なプレミアムチャーシューのようで、数量は厳格に限定されているようだ。
先の6人家族連れが全てチャーシューの食券を購入していた事が判明すると、注文を取り仕切っていた店主の奥方と思われる女性から、誰がチャーシューを放棄するか相談するように求められていた。
という事は先着5名様限りか。

ラーメンを作っているのは白髪頭を7-3でキメた店主である。
ラーメン屋の主と言うより、学校の事務長風かもしれない。

1ロット2-3杯程度なのか、回転はよくない。
10番目の入店で、出て来るまでに20分以上経っていた。

選んだメニューは「こってり醤油」である。
出来上がったラーメンは分厚い背脂の層に覆われて、その下の醤油スープまで見えていない。
食べてみると見た目ほど脂がしつこくなくて食べやすかった。
醤油のタレも確かに利いているのであるが、カドを感じるほどではない。

今回は長い行列を作る程の理由は見出せなかった。
何回か食べると分る秘密があるに違いないのだが、初回だけでは無理だったようだ
次回は・・・万一並んでいなかったら再度挑戦したい。

店を出るときはさらに行列が伸びていた。
客層は家族連れやカップルなど、おそらく地元の人が多いと思うがつくば市民のラーメン好き度が窺える店だった。
Ca3c0248

つくば市片田23-15

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ