最近のトラックバック

フォト

リスト3

  • 鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

    鈴木 創: 音魂大全―史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア
    ちなみに著者は1960年生まれです。 年齢が近い方必携の音楽ガイドです。 音楽に目覚めた中高生の頃、自分より音楽に詳しい友達に あれこれ音楽情報を教えてもらった経験があるでしょう。ミュージシャンがどんな影響を受けて この曲を書いたかなんていう話は 音楽の楽しみ方を格段に広げましたよね。この本はその友達になってくれるんです。昔聴いたミュージシャンの項目を読めば、「次にはこれを聞きなよ」と理由と共に教えてくれます。

焼鳥・もつ焼き

2007年1月23日 (火)

やる気まんまん

関内駅から徒歩2分、セルテの斜向いの地下にある焼き鳥屋さん、
「恋する焼鳥 やる気まんまん」である。

横浜の焼き鳥屋として書く位だから 当然 味は一級品。
シロモツは口の中で溶けてなくなる。どうして臓物が溶けるの?
レバはほとんどレア状態なのに臭みはゼロ。レバ嫌いの方、試してみて!

他にも 鶏肉とシメジをポン酢で煮込み 大根おろしを載せた「鶏しめポンチャン」やら
鶏スープやら みんな旨い。

思い出しただけで もう飲みに行きたい。

でも 本当の魅力は他のモノかもしれない。
調理場の横の 簾がかかったブースみたいな3人がけくらいのスペースを除き、カウンターに囲まれた焼き台からは 風呂屋の番台のごとく店内が見渡せる。
焼き台は常に(元?)イケメンの店長のポジションであり、彼は串を焼きながらも 店内のあらゆる所に目を配り、ある時は声で、またある時は ブロックサインでバイト諸君に指示を出す。

隣の席の客の荷物がはみ出していて不快なんていうことは皆無。
オーダーを出すために大声で呼ぶ必要なんかない。
メニューを片手に店長と目が合えばよいのだ。

これは高級店のサービスではないか。
なのに チェーン店の居酒屋並のお会計。

店も綺麗だし 誰にでもおすすめできる。

Yarumansrio_1

シロモツ

                  

                   

Yarureba_1

レバ

横浜市中区真砂町2-17-1

2007年1月21日 (日)

お加代

焼き鳥屋。

横浜西口の最もディープな地区 狸小路の中程にある。
他の店も常連客で溢れかえっていて異様な熱気だ。

カウンターは7-8人で満席。2階も席はあるみたいだ。
息子さんとお母さんのコンビでやっておられる。

横浜の焼き鳥はレベルが高いと思うが、高い料金を払えば旨くて当たり前。
味に満足した後、会計で安くて驚いたら すごく得した気分になる。
何かで貧乏くじを引いたような気分の時はここへ来よう。
おいしく飲んで食って さらに びっくり「ほんとうにいいの?」みたいな気分転換だ。

私はシロと レバと 牛スジ だけでOKだ。
混んでいて座れないから あまり人に教えたくない店。
Reba

レバ      

Siro

            

しろ                  
      

Suji_1







牛スジ

横浜市西区南幸1-2-2

2007年1月20日 (土)

濱野屋

もつ焼き屋である。
もつ煮込みは横浜随一。
店主はとにかく真面目で もつ焼きを注文すると、客に背を向け一心不乱に焼き台と向かい合う。ここで 他の注文なんかしようものなら集中が切れて串の頭を焦がしたりするので私は絶対話しかけないようにする。
煮込みをはじめ ほかの品も店主が日夜研究したものだろう。何を食べても満足。
ホッピーと煮込みだけで さっと帰っていく客も多いようだ。

Hamamotu もつ煮込み







横浜市中区野毛町11-29

仲よし

平塚のもつ焼き屋の老舗。老夫婦二人で切り盛りする店はいつも満席。しかも 夜は8:30くらいで店じまいするのでタイミングがよくなければ入れない。
レバーは角が立っており 外はカリカリ中トロロ、シロはフワフワ。
今のところ もつ焼きのレベルは間違いなく湘南で一番。
串焼き10本と冷酒2杯飲んで 2千円でお釣りが来る。
平塚に引っ越したとしたら 毎日来そうだ。

神奈川県平塚市紅谷町6-20
060829_20200001

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リスト2

無料ブログはココログ